わたしたちが守りたいのは笑顔と未来
先進医療のための設備を整え高度治療にも対応
院内感染を防ぐ滅菌システム
患者様目線で通いやすさを考えた医院

MENU

沼津駅前に2020年9月3日(木)OPEN

新型コロナウイルス対策について

OPEN

CLOSE

沼津歯科が行っている取り組み

当院では、患者様及びスタッフ感染予防のため、患者様に安心してご来院していただけるよう、下記のような対策を行っております。
*もちろん、内覧会でも実施しております。

  • 1. 待合室にアルコール消毒液の設置
  • 2. すべての患者様、スタッフの検温の徹底
  • 3. 受付に感染対策パーテーションの設置
  • 4. 待合室の雑誌、漫画の中止、キッズルームのおもちゃの一部撤去
  • 5. 待合室、診療室に空気清浄機の設置と、院内全体の常時換気
  • 6. 定期的なドアノブ、手すり等の消毒液での清拭
  • 7. 世界最高基準の滅菌器での使用器具の滅菌
  • 8. 使い捨て製品(グローブ、コップ、エプロン、注射針等)の使用
  • 9. 患者様ごとの診察台および周囲の清掃・消毒

当院では一時的な感染対策ではなく、常日頃から滅菌・消毒を徹底するための設備を導入しております。 今回の新型コロナウィルス感染症対策に関しても徹底して行ってまいります。

CONCEPT

高度な知識と技術を活かし
幅広い悩み・要望に応える歯科医療を

静岡県沼津市、JR沼津駅前の歯医者「沼津歯科」では、虫歯や歯周病などの一般治療、歯を守るための予防メインテナンスはもちろん、歯を失ってしまった方が今までと変わらない機能・見た目を取り戻すためのインプラント治療など、これまでの経験から培った技術と知識を最大限に活かし、一般歯科治療から高度歯科治療まで幅広い様々なお口のお悩みにお応えしてまいります。

ADVANCED MEDICAL

先進医療のための設備が充実

完全滅菌のオペ室や、より多くの情報が得られ的確な診査・診断に貢献する歯科用CT、
オペ用照明器具をはじめとした機器設備を整え、
一般治療だけでなくインプラントなどの高度治療にも安全に対応します。

CLEAN and SAFETY

徹底した衛生管理で
院内感染を防止

世界最高水準の滅菌器で徹底滅菌
世界最高水準の滅菌器で徹底滅菌

沼津歯科ではすべての患者様に安心・安全をご提供できるよう、患者さま毎に交換した診療器具を洗浄器や高圧蒸気滅菌器により徹底消毒・滅菌するほか、コップ・エプロン・グローブ(手袋)などの滅菌できない器具は使い捨て製品を活用し、院内感染予防に医院全体で取り組んでまいります。

*
沼津歯科では、
無料で見積り作成まで行う
無料相談会
随時開催しています!
相談を受けたからといって無理に治療をすすめることはありません。
お気軽にご相談いただき、じっくりとご検討ください。

当院では保険診療・ 自費診療を問わず全ての治療費のお支払いに
クレジットカードをご利用いただけます。
また、分割払いで支払うことが出来るアプラスデンタルローンも導入しております。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • *
  • *
  • *
  • *
沼津歯科はそう言われる医院づくりを目指しています!
沼津歯科はそう言われる医院づくりを目指しています!

一般的に歯医者に良いイメージを持っている人は少ないと思います。
『怖い』『痛い』『通院期間が長い』『何をされるのかわからなくて不安』
『後どれくらい通えば終わるのかわからない』
『料金がいくらかかるかわからなくて心配』
『通いづらい』『行きたいときに閉まってる』などたくさんのマイナスなイメージがあります。
沼津歯科ではそんな歯医者の嫌なイメージを1つずつ、
全て解決した医院にしたいと思っております。

  • *
  • *
  • *
  • *
通院のお悩みをズバッと解決する5つのアンサー
通院のお悩みをズバッと解決する5つのアンサー
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

こんなお悩み症状
ありませんか?

*
  • ご来院前の事前記入で待ち時間を短縮! 問診票ダウンロード
  • 自費診療の治療費やお支払いについて 料金表を見る

GREETING

歯医者さんが苦手な方でも
「通いたくなる歯医者」を目指して

はじめまして、「沼津歯科」院長の木内衛です。
当院では、多くの方が持つ歯科医院へのマイナスイメージを払拭できる医院づくりに力を入れております。また、私自身が生まれ育った沼津という街の方々のお困りごとを解決し生涯の健康をお守りすることで、信頼される地域のかかりつけ歯医者になりたいと考えております。

院長
木内 衛

MAMORU KIUCHI

*
RECRUITMENT
私たちと一緒に働く「仲間」
なりませんか?
ページの先頭へ戻る