予防・定期検診

MENU

健康な歯守ることができます

「年を取っても生涯にわたって自分の健康な歯で生活したい。」
その願いは 痛くなる前の治療=予防歯科 に取り組み、虫歯や歯周病を未然に防ぐことで叶います。
沼津駅前の歯科医院 沼津歯科は、一人ひとりに最適な「健康な歯を守る方法」をご提案します。

予防・定期メインテナンスの
大切さとは

*

歯を失う原因のほとんどが
「予防」できる
歯は年を取ると抜けてしまうと思っている方も多くいらっしゃいますが、実は、歯を失う原因は歯周病と虫歯が7割以上を占めています。つまり、「予防歯科」を行うことで歯を失うリスクを大幅に下げることが可能なのです。
次のグラフ「歯科医院のかかり方と残存歯数」からわかるように、痛いとき=歯周病や虫歯が進行したときだけの受診では、ご自身の歯はみるみるなくなってしまいます。また、指導を受けて正しい歯みがきを毎日行っている方もご自身の歯を残すことが困難という結果から、検診・メインテナンスのために定期的に歯科医院へ通うことが必要だとわかります。
いつまでもご自身の歯で食事や会話を楽しめることは、人生をより豊かにします。健康なご自身の歯を守るために、定期検診を受診しましょう。
年代別の歯科医院のかかり方と残存歯数

効果的に予防を実践するために

*

「セルフケア」「プロフェッショナルケア」の
2つのケアによる
予防の相乗効果
予防歯科の効果は、ご自宅で行う「セルフケア」、歯科医院で受診する「プロフェッショナルケア」の両方に取り組むことで大きく発揮されます。
それぞれに異なる役割があるため、どちらか片方のケアだけではたとえしっかり取り組んでいたとしても半分しか効果を得ることができません。
2つのケアをしっかりと行い、効果的な予防を実践していきましょう。

歯科医院で受ける
プロフェッショナルケア

    • 口腔検査
      お口の中を検査し、歯や歯ぐきの状態を確認していきます。検査結果とカウンセリングで伺った内容から、患者さん一人ひとりに最適な予防計画を立案・ご提案します。
      *
    • スケーリング
      (歯石取り)
      磨き残した歯垢に唾液中のカルシウムなどが沈着してこびりついてできる「歯石」は、日常の歯みがきでは取り除けないため、歯科医院で専用の器具を使用して除去をします。
      *
    • 歯みがき指導
      歯並びや歯の大きさなどお口の状態は人により異なるため、一人ひとりに最適な歯ブラシなどケアグッズの選定方法、効果的なブラッシング方法をご提案します。
      *
  • PMTC

    PMTC
    (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
    歯科医院で行う、専用の器具を使用した歯の清掃(クリーニング)をPMTCと言い、セルフケアでは落とし切れないような小さな隙間や磨き残し、着色汚れまできれいにし、歯本来の白さを取り戻していきます。眠ってしまう方がいるほど心地の良い施術のため、エステに通うような感覚で歯のメインテナンスを受けていただけます。
    汚れがきれいになるのはもちろん、表面がツルツルに磨かれることで汚れや歯垢が付きにくくなります。
    PMTCの流れ
    • *

      フッ化物入りの
      ペーストを塗布

    • *
    • *

      歯面や歯間を
      クリーニング

    • *
    • *

      歯の表面を
      仕上げ
      磨き

ご自宅で取り組む
セルフケア

  • *

    正しい歯みがき
    毎日の歯みがきは予防歯科の基本です。しかし、丁寧に行っている方でも気づかないうちに磨き方の癖がついてしまっていたり、ご自身のお口に合わない歯ブラシを使用していることで磨き残しができていることや、必要以上に力がかかっていて歯や歯ぐきを痛めていることもあります。
    沼津駅前の歯科医院 沼津歯科では正しいセルフケアを行えるように、患者様一人ひとりに最適な歯ブラシの選定方法や効果的なブラッシング方法をご提案・指導しています。
    POINT
    使い続けた歯ブラシは毛先が開いて歯にきちんと当たらないなど、見た目以上に機能が低下していることも。「毎月◯日は歯ブラシ交換」などと習慣をつけ、1ヶ月に1本を目安に新しいものに取り替えるようにしましょう。
    • フッ素配合
      歯みがき剤
      酸に溶けにくく歯質を強化したり、細菌の働きを弱める力のあるフッ素には、虫歯の発生・進行を抑制する効果もあります。フッ素配合の歯みがき剤を使用し、フッ素をお口の中に長く留めておくようにしましょう。
      *
    • 歯間ブラシ・
      フロス
      歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の小さな隙間は、歯ブラシだけでは十分に磨けないことがあります。歯ブラシの他に歯間ブラシやデンタルフロスを併用し、歯垢(プラーク)の除去率を上げましょう。
      *
    • マウスウォッシュ・リンス
      殺菌効果のあるマウスウォッシュやデンタルリンスは、口臭だけでなく虫歯・歯周病なども予防します。細菌を洗い流す「唾液」の分泌量が減少する就寝中に備えた、就寝前の使用が特におすすめです。
      *

定期検診は通い続けることが
大切です

*

メインテナンスで健口維持を
しましょう
虫歯や歯周病といった治療ももちろんですが、そのようなお口の病気を早期発見することや、治療後にトラブルを繰り返さないことが最も大切です。沼津歯科では定期的に歯科医院へ通っていただくことをお勧めしています。
また、重度まで進行した歯の治療は長引くことが多く、保険診療の範囲内の治療でも費用や時間がかかってしまうので、半年に1回程度定期健診に通っていただき、虫歯などを早期発見することは患者様ご自身の負担の軽減にもつながります。
当院では歯科医院に対する苦手意識や緊張感から足が遠のくことがないよう、気軽に通えるあたたかい雰囲気づくりを心がけています。
  • 医院からのお知らせ
  • 院長のつぶやき
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る