設備紹介

MENU

安心・安全な診療のための
充実設備

沼津市大手町の歯医者 沼津歯科では、
先進の設備や院内感染対策のための衛生設備を充実させ
多くの方に安心して通っていただけるような歯科医院を目指しています。

厚生労働省
認定施設

CERTIFICATION

沼津市の歯医者 沼津歯科では、厚生労働省により
「歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準(歯初診)」、
「歯科外来診療環境体制(外来環)」の認可を受けています。

  • 十分な院内感染対策体制・十分な衛生設備を有している・研修を受けた歯科医師が在籍
    歯科点数表の初診料の注1に規定する
    施設基準(歯初診)
    当院は十分な院内感染対策体制が整備されている、十分な装置・器具を有している、研修を受けた常勤の歯科医師が1名以上在籍している、といった施設基準を満たし、院内感染対策が万全だと認可されています。
    歯科診療による感染が心配だと言う方にもご安心いただけます。
  • *
    歯科外来診療環境体制(外来環)
    当院は厚生労働省が定める安全基準をクリアした医院として「歯科外来診療環境体制(外来環)」に認定されています。
    治療時の万が一の緊急事態にも対応できるようにAEDや酸素ボンベなどを常備し、医科医療機関との連携体制を整えています。
    また、お子様からお年寄りの方までご来院いただく全ての患者様に安心して歯科医療を受けていただくために、その他の院内の環境整備にも力を入れています。

世界基準の
滅菌システム

CLEAN and SAFETY

  • 診療・洗浄・消毒・滅菌パック・滅菌・保管

    歯科の治療器具はどうしても唾液・血液に触れてしまうので、器具を介しての感染予防が必須です。沼津歯科では細菌を完全に除去する「滅菌」にこだわった処理を行う、使い捨て器具を利用するなどの院内感染予防に取り組んでいます。

    • 消毒とは

      細菌を問題のない程度まで殺滅・減少させること。

    • 殺菌とは

      付着した細菌を殺すこと。(ただし程度は完全ではない)

    • 滅菌とは

      すべてのウイルスや細菌を「完全」に死滅・除去させること。

  • 世界最高水準の滅菌器で徹底滅菌
    世界最高水準 クラスB滅菌器
    お口の中の治療をする歯科で使用する器具は小さくて構造も複雑なので、いくら丁寧に洗浄・消毒を行ったとしても手作業だけでは汚れやウイルス落としきることは難しいです。
    沼津歯科では器具のメーカー、形状、包装・未包装に関係なく効果を発揮する、世界最高ランクの「クラスB滅菌器」を導入し、C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、HIV(エイズウイルス)、新型コロナウイルスなどのあらゆるウイルス・細菌を徹底的に滅菌(死滅)しています。治療を受ける患者様はもちろん、働くスタッフの安全も守ります。
    世界最高水準「クラスB(Big)」だけが
    行えるハイレベルな滅菌とは?
    滅菌処理を行う高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)は、クリアできる基準ごとにクラスB(Big)・クラスS(Specific)・クラスN(Naked)の3つのクラスに分類されます。
    クラスS、クラスNは滅菌できる器具が限られていますが、医科と同水準の「世界でもっとも厳しい基準」をクリアしているクラスBは、あらゆる器具に付着したすべてのウイルスや細菌を徹底的に死滅させることができると認められています。
    classB 器具の形状、包装・未包装に関わらず医科と同水準の滅菌が可能
    • *

      ハンドピース
      専用洗浄器
      複雑な形状をしたハンドピースは専用機器を使用し、細部まで徹底した洗浄を行い、効果的な滅菌に繋げています。メインテナンス(注油)も同時に行い、円滑な治療のサポートもします。
    • *

      診療ユニット
      器具のホルダー部やライトの角度を調整するハンドルなどは取り外して滅菌し、清潔に保っています。除菌カートリッジで水回路も殺菌しているため、うがいなども安心していただけます。
    • *

      口腔外バキューム
      歯を削るなどの処置の際に飛び散る、細かい水や粉塵を素早く強力に吸収します。診療空間をクリーンに保ち、患者様の顔にかかったり吸い込んでしまうリスクを軽減します。
  • 安心して
    受診していただくための
    その他の取り組み

    • ACTION 01

      専用パックに密封して
      衛生的に保管
      治療の基本セットや外科器具は、専用の滅菌パックに密封した状態で保管します。滅菌パックは使用する直前に開封しています。
    • ACTION 02

      できるだけ
      使い捨ての器具を活用
      滅菌できないコップ・エプロン・グローブ(手袋)、注射針などの器具は使い捨て製品を活用しています。
    • ACTION 03

      スタッフ全員の
      衛生管理を徹底
      器具の衛生管理はもちろんですが、手洗い・うがい・消毒など、治療に従事するスタッフの衛生意識の向上も心がけています。

精細な
検査・診断・治療
安全に行うために

DIAGNOSIS

  • 歯や骨の状態を正確に検査・把握
    歯科用3D(立体)CT
    通常のレントゲン撮影では平面の情報しか得ることができません。
    しかし、沼津市の歯医者 沼津歯科では歯科用3D(立体)CTを導入しているため、立体やスライス画像も確認ができ、より詳細・多角的にお口の状態を把握した上での治療が可能になります。一般的な治療を始め、インプラント、矯正治療、口腔外科(親知らずの抜歯など)と言った高度治療もより安全なものにします。
    歯科用3D(立体)CTは比較的放射線量が少なく撮影部位も口元に限られるため、お身体への負担も心配ありません。

    歯の内部やあごの骨の状態を把握することで、
    様々な治療での高精度な診断を可能に!

    • インプラント

      *

      顎の骨の立体的な形態や、神経の位置を把握することでインプラント体の埋入に適した位置や深度および角度などの情報を得ることができ、安全で的確な手術を行うことができます。

    • 矯正歯科治療

      *

      一定の規格に基づき、上下のあごの大きさ・形状、ずれ、歯の傾斜角、バランスなどの把握ができるため、治療前後の比較や成長発育の予測に役立ちます。

    • その他一般治療

      *

      虫歯の進行度はもちろん、歯根の先端の病巣発見や歯周病による骨の破壊度の把握などに役立ちます。また、埋伏歯の位置の把握で余分な切開を避けることも可能になります。

  • 明瞭な視界で安心・安全な外科治療を
    無影灯
    沼津歯科では専用設備を取り揃えて衛生管理を徹底したオペ専用ルームがあり、そこには影を移さない「無影灯」を設置しています。
    お口の中は小さく暗いため、無影灯を使用することで明瞭な視界が提供され、手術時間の短縮や正確性の向上に有効に繋がり、安全で患者様にかかる負担の少ない手術を行うことが可能になります。
    • *

      AED
      自動体外式除細動器「AED」を常備。緊急事態にも迅速に対応できるよう、スタッフで繰り返しシミュレーションしています。
    • *

      生体情報モニター
      心電図・心拍数、血圧、体温というバイタルサインを継続的に測定・記録し、患者様の安心・安全を確保しています。
    • *

      酸素ボンベ
      万が一の緊急時にも速やかに対応できるように、医療安全対策のために酸素ボンベを常備しております。

    その他にも、アンプ蘇生バックなどの設備を整え、
    安全・安心な診療環境をご提供してまいります。

安心・納得できる
カウンセリング

COUNSELING

  • *
    大画面を使用したカウンセリング
    三島・駿東郡からも通いやすい歯医者 沼津歯科では、十分に理解・合意した上での治療「インフォームドコンセント」を大切にしているため、丁寧でわかりやすい説明を心がけています。
    どこにどのような治療が必要なのかはもちろん、保険で治療した場合と保険外の治療を取り入れた場合の比較なども説明し、患者様の希望にあわせた治療計画を立案していきます。
    診療室には大画面モニターを設置し、視覚的にわかりやすく説明を行っていきます。

痛み恐怖心
軽減するために

NO PAIN & FEAR

  • 一定速度で麻酔液を注入し痛みを軽減
    電動麻酔注射器
    治療時の痛みはもちろんですが、麻酔注射の痛みが苦手だという方も多くいらっしゃいます。
    沼津市の歯医者 沼津歯科では、コンピューター抑制により麻酔液を一定の速さ・圧力で注入を行う電動麻酔注射器を導入しています。電動麻酔注射器を使用することにより、麻酔時の痛みの原因とされる注入スピードのムラと圧力の不安定さを解消し、麻酔時の痛みを大幅に軽減しています。
    また当然のことながら、注射で使用する針は細ければ細いほど痛みを抑えることができます。電動麻酔器に用いる注射針は33ゲージという最も細いサイズの注射針で、針先の太さがわずか0.2mmという細さになっています。
    *
    さらに痛みをなくすための工夫をしています!
    電動麻酔注射器では麻酔液注入時の痛みを軽減することができますが、針を刺すときの痛みは解消することができません。
    そこで当院では針を刺す部分に表面麻酔剤を塗布し、表面を麻痺させることでチクッとする痛みを抑えています。
  • 医院からのお知らせ
  • 院長のつぶやき
  • 採用情報
ページの先頭へ戻る